寝ることが好きな人に向いている仕事を教えます

スポンサーリンク

好きなことを仕事にして生きたいと思った時に、好きなことが寝ることだった場合、どうしたらいいのでしょうか。

好きなことが趣味だったら、その趣味を突き詰めればお金が取れるものに昇華できたりするんでしょうけど。

寝ることが趣味みたいな人は、何を仕事にして生きていけばいいのか。

寝ることが好きすぎる人がつくべき仕事とは

好きなことを仕事にするとしたら、寝ることが好きな人の仕事は、寝ることになってしまいます。

寝ることに関しては才能があり、どこでも寝られるし、長時間寝られる、寝るのが得意という人もいるでしょう。

そんな人は、寝ることを仕事にするのが理想的な生き方となります。

それは可能なのか。

その答えは、可能です!

寝るのが好きな人におすすめの仕事

睡眠を仕事にしている人が存在します。

→→寝るのが仕事という夢のような求人について

→→寝てるだけで稼げる夢みたいな方法はコレ

直接「寝る」という行動が労働となる職種もあれば、寝ている間にお金が増えている状況を作るという方法もあります。

どちらにしても、寝るのが好きな人には理想的じゃないでしょうか。

徹夜を何日も続けるのは難しいです。しかし、毎日寝ることは簡単。

赤ちゃんだって寝ることは出来ます。つまり、この仕事は誰にでも出来るのです。

勉強をする必要もないし、何かを練習する必要もありません。ただ、寝ているだけ。しいて言うなら、ぐっすりと眠れる健康な体が必要ですね。

それがあれば、十分です。

寝るのが好きな人が自由に生きるには

自由に生きている人たちは、あくせく働いていません。

好きなことを仕事にしている人たちも、同じです。

その人たちと、普通の人との違いに焦点をあててみると、そこまで違いはなかったんです。

  • 人より優れたスキル
  • 生まれ持った才能
  • 頭の良さ

そういうものを持っている人だけが、自由に好きに寝られる時間を持てるのかなと考えがちですが。

寝ることが好きというのはチャンスです

逆に、スキルや才能や頭の良さを持っていたとしても、睡眠時間を削って、必死に働いている人も大勢います。

なぜなのか。それは、ある常識を持っているから。

ある常識とは何か。

「働くとはしんどいことなんだ」「しんどくない仕事なんて無いんだ」という考えです。

子供のころから、なんとなく思っていることじゃないでしょうか。実際に、親から言われたことがあるかもしれません。

または、やりたいことが分からない人。そういう人は、嫌な仕事なのにやめるわけにいかず、必死に働いています。

寝るのが好きなことは分かっている。しかし、それは仕事になんてならない。

せっかく寝ることが好きだと分かっているのに、自らそれを除外してしまっているのです。

寝ることだって、誰かの役に立ちます。その証拠に、寝る仕事が存在しているからです。

「寝る」を仕事にしましょう

好きなことを仕事にするという生き方に向き合ってみましょう。

好きなことが寝ることなんだったら、そのこととも向き合ってみましょう。

頭から否定しないで。寝る仕事はあるんですから。好きなことを仕事にするという風潮も追い風にして。

しんどい思いをして働いている人がえらいと思われがちです。しかし、誰かに褒めてもらいたくて働いているわけではありません。

どこかの誰かのために、しんどい仕事を選び、嫌な思いをして働き続ける必要はないんです。

寝ることだってお金を生み出します。自分らしい人生をスタートさせましょう。

スポンサーリンク
仕事
寝てるだけで稼げる
タイトルとURLをコピーしました